院長

院長 櫻井文行 Fumiyuki Sakurai
経歴 1973年 日本大学獣医学部卒業
1973年~1978年 くわじま動物病院(旧:桑島愛犬病院)にて勤務
1978年 我孫子市天王台に、現在の分院にあたる天王台動物病院を開院
1980年 我孫子市布佐に、現在の本院である天王台動物病院 布佐病院を開院
所属 東葛地区獣医師会
メッセージ 私が獣医師を志した理由は、高校生時代に飼ったドーベルマンの子犬が鉤虫という寄生虫のために血便をし、獣医さんを呼んだのですが手遅れで死んでしまいました。その時は悲しいというよりも自分の不甲斐なさを強く感じ、それがきっかけで獣医になろうと思い、現在に至っています。昔はワクチンやフィラリアの予防、病気などで動物病院にかかる人は少なかったのですが、今ではいろいろな予防や高度な医療を受けられるようになってきました。これからもワンちゃん・ネコちゃんたちが家族の一員として長生きできるように私たちも頑張っていきたいと思っています。

初めてご来院される方へ

☆来院時ご用意いただくもの

 ・混合ワクチン証明書
 ・生年月日が記載されている書類
 ・マイクロチップが入っているワンちゃん・ネコちゃんは、ID番号が記載されている書類

ワンちゃん

 ・上記のものに加え、狂犬病予防注射証明書と鑑札をお持ちください。
 ※ご来院の際は、リードをつけてお越しください。

ネコちゃん

 ※ご来院の際は、洗濯ネットの中に入れてお越しください。


施設紹介

待合室

診察室

検査室・薬局

手術室


設備紹介

レントゲン

当院ではデジタルX線画像診断システムを導入しております。より少ないレントゲン線量で撮影できるため、ワンちゃん・ネコちゃんの負担も少なく、鮮明な画像を得ることができます。

血液検査機器

少量の血液から健康状態や病気の程度を調べることが可能です。肝臓や腎臓などの各臓器の状態やミネラルバランスを測定します。

CO2レーザー

皮膚にできた小さな腫瘤の切除や、口内炎の治療などに使用します。「痛みや出血が少ない」手術を行うことでワンちゃん・ネコちゃんへの体の負担を軽くすることができます。

血管シーリングシステム

血管結紮に糸を使用せずに安全にシーリングすることができ、手術後に体内に残った糸が原因で引き起こされる異物反応性肉芽腫という病気のリスクを下げることができます。また、手術時間を短縮することもでき、麻酔のリスクも減らすことが可能です。

He-Neレーザー

低出力のレーザーで患部の血流を改善し、痛みを和らげます。主に椎間板ヘルニアや変形性脊椎症で腰を痛がるワンちゃんに使用します。

超音波検査器

超音波を当ててその反響を映像化することで心臓や腹部臓器の内部の状態を検査することができます。

診療対象

犬・猫

連絡先

布佐動物病院(本院)
〒270-1101
千葉県我孫子市布佐2765
Tel:04-7189-3858

天王台動物病院(分院)
〒270-1143
千葉県我孫子市天王台2-16-17
Tel:04-7185-1991

天王台動物病院のホームページはこちら

メールでのお問い合わせ

メール

ペット保険に関して

当院ではペット保険に対応しておりませんので、ご加入の方は各保険会社にご自身でご請求ください。

トリミングブログ


只今、トリミングの新規受付はしておりません

Facebook


FIV(ネコエイズ)



ペットの健康診断の日

TeamHOPE健康診断